小児歯科を専門または中心に開業している歯科医組織 全国小児歯科開業医会 JSPP

HOME | 問い合わせ
メニュー
Top page
会長からの御挨拶
役員名簿
委員会紹介
JSPP会員名簿
協力関係各地研究会
各地研究会のお知らせ
学術大会等
JSPP会員の皆様へ
研究業績・臨床・資料等
月刊小児歯科臨床
JSPP理事の投稿記事
JSPP NEWS
JSPP会員掲示版
紹介状の作成
会員からのお問い合わせ
院内掲載用ポスター
HP利用マニュアル
JSPP会則
研究助成事業規約
メーリングリスト運用規則
海外紹介先
JSPPリーフレット
ご家庭の皆様へ
子どものための歯医者さん
小帯に関する考え方
授乳期のむし歯について
お近くの歯医者さん
歯みがき検定
 
授乳期のむし歯について
初期のむし歯

このお子さんは、1才を過ぎたばかりのお子さんで、歯もまだ上は4本しか生えていない状態です。
うっかりお菓子などを早いうちからもらっていたため、あっという間に前歯の表側(唇側)がむし歯になってしまいました。この写真を撮る3ヶ月前は、まだ歯は生えていませんでした。
上にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいると、早くからお菓子や市販の飲料を口にすることになり、むし歯ができる時期も早まることがよくあります。このお子さんの場合も、上にお兄ちゃんがいました。
写真で白く見えるところは、歯が溶け始めているところで、その中の少し茶色っぽく見えるところは、既に穴があいています。
しかしこの程度のむし歯であれば、食生活の工夫や歯みがきをうまくすることで、経過観察をすればむし歯が急に進行することも無く済ませることが可能でしょう。


印刷をして患者様に配られる際は、下記リンクのPDFファイルをご利用下さい。
初期のむし歯 (PDF)
 
授乳期のむし歯についてのTOPに戻る
 
 
HOMEお問い合わせ
Copyright(C)2008 The Japanese Society of Practitioners for Pediatric Dentistry,Ltd. All Rights Reserved