小児歯科を専門または中心に開業している歯科医組織 全国小児歯科開業医会 JSPP

HOME | 問い合わせ
メニュー
Top page
会長からの御挨拶
役員名簿
委員会紹介
JSPP会員名簿
協力関係各地研究会
各地研究会のお知らせ
学術大会等
JSPP会員の皆様へ
研究業績・臨床・資料等
月刊小児歯科臨床
JSPP理事の投稿記事
JSPP NEWS
JSPP会員掲示版
紹介状の作成
会員からのお問い合わせ
院内掲載用ポスター
HP利用マニュアル
JSPP会則
研究助成事業規約
メーリングリスト運用規則
海外紹介先
JSPPリーフレット
ご家庭の皆様へ
子どものための歯医者さん
小帯に関する考え方
授乳期のむし歯について
お近くの歯医者さん
歯みがき検定
 
授乳期のむし歯について
母乳でも歯が溶ける

1才2ヶ月のお子さんです。
特に心配なところは無い、ということで診てみたお子さんです。
歯の表側(唇面)は、確かにむし歯のようなものはありませんが、裏側(口蓋側)を見ると、明らかなむし歯が存在していました。上の前歯4本とも歯の裏側が白く濁り、特に真ん中の2本の歯は既に穴があいています。鏡に映っているところは、上の前歯の裏側です。
お母さんのお話では、夜間だけでなく、昼間も頻繁におっぱいをくわえていたとのことでした。
この写真のお子さんの場合、食生活の改善と、母乳の与え方の工夫をすることで、母乳を止めなくてもむし歯の進行は緩やかなものになっています。



印刷をして患者様に配られる際は、下記リンクのPDFファイルをご利用下さい。
母乳でも歯が溶ける (PDF)
 
授乳期のむし歯についてのTOPに戻る
 
 
 
HOMEお問い合わせ
Copyright(C)2008 The Japanese Society of Practitioners for Pediatric Dentistry,Ltd. All Rights Reserved